今すぐお金を借りる!みんなが審査を通したい優良消費者金融はここ!

今すぐお金を借りたいからと言ってただ借りるのではなくしっかりと計画を練ったうえで返済のことも考えましょう!
無計画に借りると返せなくなくなってしまうことも十分考えられますので消費者金融、銀行などのキャッシングのご利用は計画的に!
お金を借りるなら、大手の消費者金融、銀行系低金利のカードローンやおまとめローンが一番!優良業者を紹介いたします!

みんなが審査を通したい消費者金融、銀行ランキング!






























お金を借りられない時のおさらい



ブラックという言葉の意味をよく理解していない人がいます。
勝手に自分がブラックだと思い込んでいる人が多いので、
ブラックとはどういったものかおさらいしてみましょう。
それで本当に自分がブラックなのかどうか判断してください。
そもそもブラックという言葉は私たちが使っているだけで、
金融業界には存在しない言葉だと思ってください。
当然、ブラックリストというものもありません。
一般的にブラックというと信用情報期間に登録されている事故情報のことを指します。
つまり、ネガティブイメージな情報だからブラックといっているに過ぎません。

信用情報機関とは申込状況や返済状況、借入状況などキャッシングやクレジットカード、
ローンに関する情報が登録されている機関のことです。
この信用情報機関にも全国銀行個人信用情報センター、全国信用情報センター、CICといったように
種類があり、加盟している会社が違います。
銀行の場合は全国銀行個人信用情報センターに加盟していますし、
消費者金融の場合は全国信用情報センターに加盟しています。
そして、CICは信販会社が加盟しています。
例えば、キャッシングの申し込みをするだけでも信用情報機関にその都度、
事細かに情報が登録されます。

事故情報とは信用情報機関に登録されているネガティブな情報のことをいいます。
具体的にいうと返済が行えなくなった、返済が遅れたことがある、債務整理をしたことがある、
任意整理をしたことがある、自己破産をしたことがあるといったことが事故情報に該当します。
返済の遅れは基本的に3ヶ月を超えると事故情報として登録されると考えていいでしょう。
このような情報が信用情報機関に登録されている人は借りられない状況になることがあるのです。

こうなると審査時の印象が非常に悪くなるため、新たにお金を借りることはできませんし、
クレジットカードを作ることもできません。
もちろん、ローンも組めなくなるので何かと生活に支障をきたすことが多いです。
今までとは全く違う不自由な生活を送らないといけなくなるので、大きなストレスになるでしょう。
また突発的にまとまったお金が必要になった時にお金を借りることができないので非常に不便です。
お金を借りられないような状態になっても何もいいことがないので、必要な時以外に必要以上のお金を借りない、
毎月きちんと返済をするといったことを意識してお金を借りるようにしてください。
それがお金を借りられないようにならないための最も重要なことです。

借り過ぎ=借りられない!ではない



お金を借り過ぎると借りられなくなると思っていませんか?
これは誤った知識です。
お金をたくさん借りているからといって、お金を借りられなくなることはありません。
確かにお金をたくさん借りれば借りるほど借金が多くなるので、審査に影響を及ぼすことはあります。
ただ、影響を及ぼすといっても些細なものなので、それほど深刻に考える必要はないです。
多額の借金をしていてもきちんと返済をしているのであれば、何も問題ないのです。
そこで返済が難しくなって遅れてしまったり、滞納してしまうと借入ができなくなります。
そのため、お金の借り過ぎ=借入不可だとは思わないでください。

しかし、複数のキャッシング会社からそれなりの金額を借りているのであれば話は別です。
これは多重債務と判断されるので、問題ではありませんが、ブラックと言われているような方と同じように審査が通りづらくなります。
ひとつの会社から500万円を借りているよりも5社から100万円ずつを借りている方が印象が悪く、
審査が不利になってしまいます。
審査を通りやすくするためにはこの多重債務を解消するしかありません。
多重債務を解消する方法としておすすめなのが「おまとめローン」です。
そのまま1社ずつに返済するよりも、複数の借入を一本化した方が返済しやすくなりますし、印象が良くなります。
基本的に金利は借入額が多ければ多いほど低くなるので一本化した方が利息が少なく済みます。
消費者金融をはじめ、銀行や信販系のカードローンでもおまとめローンを行っているので、
多重債務を解消したいのであれば、検討してみてはいかがでしょうか?

ただし、債務を一本化すると絶対に返済が楽になるという訳ではないので気をつけないといけません。
一本化する場合はそのまま支払いを続けた場合とおまとめした場合の利息を
しっかりと計算してから判断してください。
場合によっては一本化しない方が利息が少ないというケースもあります。
またおまとめローンを利用する時はどこでするのかも重要になります。
金利は金融機関によって異なるので、なるべく低いところを探さないと意味がありません。
急ぎで一本化したいなら消費者金融がいいですが、
金額が大きかったり金利を重視するなら銀行のカードローンがおすすめです。
中にはおまとめローンを行っていないところもあるので、
まずはどのようなところが行っているのかを調べてください。
恐らく、資金力がある大手金融機関がメインになるはずです。

自分に問題があるから借りることができないって本当?



確かに返済が滞ったり、問題があるケースでは、お金を借りることができないとよく聞きますよね?
信用情報機関に事故情報があると貸しても大丈夫なのか不安になってしまうので、
審査が通りづらくなるというのは事実です。
ただ、あくまでも審査が通りづらくなるだけで、絶対に通らないという訳ではありません。
しかも貸し付けはNGという法律はないので、貸そうと思えばどの消費者金融も貸すことはできます。

貸さないのはただ単純にリスクが高く、回収できない可能性が高いと判断しているからです。
そう思われるのは当然のことですが、消費者金融の中にはそれでもお金を貸してくれるところは存在します。

これはヤミ金のことをいっているのではありません。
確かにヤミ金なら全く問題なくお金を貸してくれますが、
一度借りてしまったら抜け出せなくなるので絶対に手を出してはいけません。
どんなことをしてでも返済をさせるのがヤミ金なので、
だからどこもお金を貸してくれないからといって利用しないようにしてください。

探せば申し込みができる健全な消費者金融はあります。
あなた自身がルーズであり問題があれば、
アコムやアイフルといった大手消費者金融では100%といっていいほど審査で落ちます。

あなたがしっかりと計画を立て、信用できる状態であれば消費者金融の審査も通る可能性が高いです。
また、中小企業の消費者金融では顧客集めに困っていることが多いので、信用できそうな人なら多少の問題があってもお金を貸してくれるかもしれません。
中小企業の消費者金融といえども、もちろん、ヤミ金とは違って法外な金利ではなく、法律に則った貸し付け条件なので安心してください。

他にも新規オープンの消費者金融も顧客を探すのに苦労しているので、借りられる可能性が高いです。
このように大手の消費者金融以外でもお金が借りることができるかもしれないので、
諦める必要はありません。

では、銀行や信販系のカードローンでも同じように通る可能性があるのか気になると思いますが、
残念ながらあなた自身がルーズだと無理だと考えた方がいいでしょう
銀行や信販会社でも消費者金融の事故情報は分かりますし、何よりも審査が消費者金融よりも厳しいです。
特に銀行の場合は審査が最も厳しいので、事故情報が登録している時点で有無をいわず審査に落ちます。
顧客を集めるためという理由でルーズな人を相手にすることはないので、
借りることができるのは消費者金融となる可能性が高いのです。

あなた自身がルーズでも借りることができる消費者金融は探せば見つかると思いますが、
中には悪徳業者も存在しているので注意しないといけません。